下腹部痛について 〜 女性の病気

main_top_over_navi
main_top

下腹部痛について


下腹部の痛みから女性特有の病気が始まるということは、多くあるようです。
下腹部に何か違和感を感じているという場合には、大腸などの消化器系の異常を
考えがちなのですが、女性のみがもっている器官である卵巣や子宮の病気も、
疑ってみる必要があるのです。

特に30?40代の女性は三人に一人程度の割合で、子宮筋腫が見られるという
統計も出ていますので、放置しておくのは危険です。
子宮筋腫は女性ホルモンの中のエストロゲンの作用によって、大きくなる腫瘍で、
良性のものではあるのですが、出来た大きさや場所によっては手術が必要になります。

筋層内筋腫や漿膜下筋腫は、筋腫が大きくなってしまうと周りにある臓器を
圧迫し始めます。その為に下腹部痛を起こしやすくなると言われています。
その他にも子宮内膜症という病気になっていると、下腹部痛をともない
女性特有の病気として注意が必要です。

普段は子宮の中だけに出来る子宮内膜が、子宮以外の場所に出来てしまい、
女性ホルモンのエストロゲンの働きでさらに増殖してしまいます。
これが月経時に剥がれて出血を起こすのです。

しかし子宮内と違って排出される場所が無い為に、月経時に剥がれおちたものが
体内に溜まります。すると強い下腹部痛を起こすのです。
子宮筋腫や子宮内膜症という病気は、女性特有のものなので、
下腹部に違和感や痛みを感じる場合には、迷わず婦人科を受診してみましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 女性の病気 All Rights Reserved