子宮筋腫 〜 女性の病気

main_top_over_navi
main_top

子宮筋腫


子宮の病気として思い当たる名前に、「子宮筋腫」があります。
子宮筋腫とは、30?50歳の女性に多く見られる病気で、
子宮の筋肉に良性の筋腫が出来ることを指します。
思春期前の女性に出来るということは、あまりないようです。

子宮筋腫という病気は、自覚症状がないことが多く、筋腫があるということに
気付かないまま過ごしている方がいるようです。
しかし、筋腫の出来る部位によっては、過多月経や不正出血などの
異常月経が起こるようです。

また、子宮筋腫が大きくなっている場合には、便秘や頻尿といった
圧迫症状が現れるということもあります。子宮筋腫が出来ていても、
症状がない場合には、治療をしなくてもいい場合がありますが、
早期に発見して経過を観察していくことで、重篤な症状になることを
予防することが出来ます。

また、流産の原因や不妊症の原因にもなっている場合があるので、
月経でもないのに出血が起こったり、月経時の血液がとても多い場合、
下腹部痛があるなどの自覚症状がある場合は、子宮筋腫の可能性も考えられるので、
婦人科を受診してみることをお勧めします。

子宮筋腫があるかどうかは、超音波エコーの検査をすれば、すぐ分ります。
女性ホルモンの影響を受けて、大きくなる子宮筋腫というものは、
分泌の多い成熟期に特に大きくなりやすく、ホルモンの分泌が減少する閉経期には
小さくなります。そのために薬物を使って月経を止めるという偽閉経療法
という治療法が行われることもあるようです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 女性の病気 All Rights Reserved