子宮がん 〜 女性の病気

main_top_over_navi
main_top

子宮がん


子宮は女性にだけある器官です。子宮に起こる病気の中で、一般的に知られている
物の中に子宮筋腫や子宮内膜症などがあります。
他にも排卵障害や月経異常なども女性特有の病気と言えるでしょう。

子宮に起こる病気の中で、最も深刻なものに子宮がんがあります。
子宮ガンは、ガンが出来る場所によって子宮体ガンと子宮頸がんに分けられます。
子宮体がんは閉経後の50?60歳の女性に多く発症する病気といわれ、
日本人よりも欧米人に多く見られる子宮のガンです。
病気が発症する原因は、出産経験がない(または少ない)、
月経不順や不妊などの卵胞ホルモンが関与しているのではないかと考えられています。
また、肥満も子宮体ガンの原因だと言われています。

子宮頸ガンは、40代の女性に多く発症する病気で、若くから性交渉の経験がある、
あるいは不特定多数との性交渉がある、出産回数や中絶回数が多いということが
原因として挙げられています。子宮頸ガンは、早期に発見し早期に治療すれば、
治癒することが可能で、ごく早期であればレーザーで患部を切除することが出来、
妊娠することも可能です。

どちらの子宮ガンも初期には殆ど症状が現れません。
そのため早期発見するのは難しいので、定期的なガン検診を
受けるということが大切です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 女性の病気 All Rights Reserved