ホルモンバランスの異常で起きる病気 〜 女性の病気

main_top_over_navi
main_top

ホルモンバランスの異常で起きる病気


男性に比べて、女性の身体はホルモンの影響を受けやすいと言われています。
女性ホルモンには、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの二種類に分けられますが、
このふたつのホルモンバランスに異常が起きてしまうと、色々な病気の原因にも
なると言われているのです。

まず、女性のホルモンバランスが崩れると、月経や排卵が乱れてしまう
月経異常という症状が現れます。女性の身体はデリケートに出来ていますから、
過度のストレスや疲労でも、ホルモンバランスが崩れて月経異常を起こします。

月経異常の状態をそのまま長く放置してしまうと、
ホルモン療法などを行っても、ホルモンのアンバランスがなかなか改善されないため、
不妊症という病気になってしまうということもあります。

その他ホルモンバランスの乱れによって起こる女性の病気には、
多のう胞性卵巣症候群というものが挙げられます。
この病気は女性ホルモンの黄体形成ホルモンが、過剰分泌されることで起こり、
月経異常や多毛、不妊症などの原因となるのです。

また、脳下垂体から分泌されているプロラクチンというホルモンが、
過剰に分泌されてしまうと、高プロラクチン血症という病気になってしまいます。
排卵障害になり不妊症の原因となるのです。
また、乳汁の分泌が起こる乳漏症になるということもあります。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 女性の病気 All Rights Reserved