女性特有の病気、卵巣のう腫 〜 女性の病気

main_top_over_navi
main_top

女性特有の病気、卵巣のう腫


女性の身体の中で、特に腫瘍が出来やすいと言われている臓器が卵巣です。
卵巣に起こる病気の中で、一番多いものは良性腫瘍の卵巣のう腫と言われています。
卵巣のう腫という病気は、更年期の女性にも、若い10代の女子でも発症する
可能性がある病気なので、幅広い年代で注意することが必要となります。

卵巣のう腫は、卵巣の中に入っているものによって、いくつかに分類されています。
子宮内膜が卵巣の中で増殖してしまい、起こっているものはチョコレートのう腫といい、
30?40代の女性の発症が多いと言われています。
その他にも袋の中に髪の毛や歯などが入って起こる、類皮のう腫(奇形腫)や、
さらさらとした液体が溜まってしまう漿液性のう腫、ドロドロした粘液が
溜まる粘液性のう腫などが挙げられます。

卵巣は病気が発生しても症状が現れにくく、自覚症状を感じにくいため、
違和感や痛みなどの症状が出てみつかるというよりは、
検診をしたときに偶然に発見されるということが多いようです。
自覚症状の現れにくい卵巣のう腫ですが、
のう腫がこぶし大になってくると、下腹部のふくらみや圧迫感、
痛みなどを感じるようになってきます。

時には下腹部痛よりも、腰痛として症状が現れる場合もありますから、
腰の病気と間違えないようにしないといけません。
卵巣のう腫は2?3センチ程度の小さなものであれば、
手術を行わずに経過観察という方法を取られますが、5センチを超える
大きさになっていた場合には、卵巣が茎捻転を起こしたり、破裂をするという
危険性がありますので、手術をする対象となっています。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 女性の病気 All Rights Reserved