女性特有の病気、卵巣ガン 〜 女性の病気

main_top_over_navi
main_top

女性特有の病気、卵巣ガン


女性特有の病気の中で、卵巣にできる卵巣ガンという病気があります。
日本では年間に六千人程度が発病すると言われています。
身体の中にある臓器で、卵巣はもっとも腫瘍のできやすい部位だと言われています。

しかし、卵巣ガンにかかっていても、初期にはなんの症状も感じない場合が多く、
腰痛や下腹部痛、腹部のしこりや体調不良などの自覚症状が現れた事には、
ガンも進行してしまっているということが多いのです。

がんの治療は早期発見、早期治療がとても大事だと言われていますが、
卵巣は別名が「沈黙の臓器」と言われているように、自覚症状が現れにくく、
早期発見に有効な健診なども行われていないのが現状です。

卵巣ガン患者というのは、40?60歳代の女性に多いという統計が出ているのですが、
卵巣ガンは思春期頃の若い女性や、高齢の女性にもかかる可能性があるのです。
卵巣ガンの発生リスクというものは、はっきりとわかっていないですが、
排卵回数が関係しているのではないか、という説があるようです。
妊娠、出産経験が無い、または少ない人(排卵の回数が多い)ほど、
発症する確率が高いと言われているのです。

また、遺伝的な要素も考えられていますので、
家族に卵巣ガンの方がいる場合にも、リスクが高いということで、
自分で注意をしておくことが大切です。
卵巣ガンを早期発見するために、有効な検査などはまだ確立されていないのですが、
下腹部の張りやしこりを感じた場合には、産婦人科を受診してみましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 女性の病気 All Rights Reserved