子宮内膜症 〜 女性の病気

main_top_over_navi
main_top

子宮内膜症


月経がある女性に起こる病気の中で、子宮内膜症という病気あがります。
子宮内膜症というのは、本来子宮の中に出来る子宮内膜が、
子宮外のところに出来てしまい、月経周期に合わせてはがれおちるということを
繰り返す病気です。

子宮以外に出来た内膜は、剥がれおちた後に体外に排出されないので、
腹腔内にとどまってしまい、炎症や痛みという症状が起きるようになります。
月経に伴う月経痛というのは、痛みの強弱の差はあるでしょうが、
女性誰でもが経験したことがあるはずです。
しかし、子宮内膜症による痛みというのは、普通の月経痛などとは違い、
日常生活に支障が出る程の強い痛みが現れます。

ひどい人はベッドから立ち上がることが出来ない、
痛みのために歩行が困難になってしまうということもあるようなのです。
子宮内膜症という病気が起こる原因というのは、まだはっきりとは分って
いないのですが、月経のたびに進行していく病気なので、
昔に比べ女性の出産回数が減ったことによって、月経の回数も増えているという
ことが要因のひとつではないか、と考えられています。

子宮内膜症という病気の特徴は、下腹部に起こる強い痛みが挙げられます。
月経のたびに痛みどめを飲まなければならない方や、
日常生活に支障があるという方は、まずは婦人科を受診してみることをお勧めします。
子宮内膜症を放置してしまうと、不妊症になる場合もあるので、注意が必要です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 女性の病気 All Rights Reserved