子宮脱 〜 女性の病気

main_top_over_navi
main_top

子宮脱


「子宮脱」という病気の名前をご存じの方は、女性の中でも少ないのでは
ないでしょうか?しかし子宮脱という病気は、実はとても身近な病気で、
日本でも多くの女性が経験をしています。

子宮脱という病気は、膀胱や子宮を支える骨盤底筋群(骨盤の底にある筋肉、筋膜、
じん帯)が緩んでしまって、支えきれなくなって、膣の中に落ち込んで(子宮下垂)
外に出てきてしまう(子宮脱)という症状です。

子宮脱というのは、出産経験の多い女性や、長時間の立ち仕事している方、
下腹部に力が入るような仕事をしている女性に起こりやすいと言われてます。
また、ホルモンの減少によっても骨盤底筋群が緩むと言われていますから、
50?60代の女性に多く発症します。

帝王切開のときなどに、子宮じん帯が傷つくことでも起こる可能性があり、
子宮下垂や子宮脱にともない現れる症状には、腰痛、下腹部の不快な痛み、
おりものの増加や便秘などが挙げられます。
その他にも頻尿や排尿困難、尿漏れなどが起きると言われています。

子宮脱の治療には、ペッサリングという方法があります。
落ちてきた子宮を元の位置に戻すというもので、子宮脱の不快感が解消されます。
その他の治療方法は、膣式子宮全摘術、膀胱底形成術、骨盤底形成術などの
手術が行われています。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 女性の病気 All Rights Reserved