女性特有の病気、外陰炎 〜 女性の病気

main_top_over_navi
main_top

女性特有の病気、外陰炎


女性の身体に起こる病気の中で、人には相談しにくいものに外陰炎があります。
この病気というのは、女性性器の外側にある大陰唇、小陰唇、陰核、恥丘、
外尿道口、膣前庭、会陰などに起こる炎症のことを指します。

外陰炎というのは、外陰部に最近やウィルス、カビなどによって感染がおこったり、
おりものの刺激などで起こるもので、特に抵抗力が落ちている時、
身体が弱っている時などに発症しやすい病気です。

その外陰炎の症状は、かゆみが主に現れるようです。
さらには外陰部の腫れや違和感、発赤などの症状も現れます。
こうなってしまったら、なるべく早く婦人科を受診して、治療を開始することが
大切です。しかし、女性の中には婦人科を受診することに抵抗があり、
受診を躊躇してしまうために放置し、かゆみなどの症状が悪化することがありまので、
病院で外陰炎を起こしている原因をはっきりさせて、
それに合った処置を受けるようにしましょう。

かゆみに関しては抗ヒスタミン薬やステロイド剤の塗り薬が処方されるでしょう。
しかしかゆみの原因がカンジタ菌によるものであれば、
それらの薬では症状が改善されず、かえって悪化させることにも繋がりますので、
病院に行くのが恥ずかしいといって、自己判断で薬を塗ることは
やめたほうがいいでしょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 女性の病気 All Rights Reserved