女性特有の病気、カンジタ膣炎 〜 女性の病気

main_top_over_navi
main_top

女性特有の病気、カンジタ膣炎


多くの女性が経験したことがあるカンジタ膣炎は、外陰部に強いかゆみを
感じる病気です。女性の多くが経験するというこのカンジタ膣炎は、
特別な病気ではなく、健康な時には無害な常在細菌のカンジタ菌が、
身体が弱って免疫機能が下がっているときなどに、異常繁殖をして
起こるのです。

カンジタ膣炎は、特に月経時や妊娠中、抗生物質を服用した際などに
発症することが多く、肥満や糖尿病なども要因になっていると言われています。
カンジタの感染は男性にも起こるのですが、男性は女性のような強い症状は
現れにくく、性交渉によっての感染もありますが、殆どの場合は自己感染に
よるもののようです。

女性がカンジタにかかると、外陰部の腫れやかゆみ、カッテージチーズのような
白いおりものなどの特徴的な症状が起こります。
炎症がひどくなるほど、我慢できなくなるかゆみが現れます。

カンジタ膣炎にかかっているかどうかという検査は、婦人科で膣粘膜を少し採取し、
顕微鏡でみて確認をします。カンジタ膣炎の病気の治療方法は、
抗真菌性の座薬を膣内に挿入して、外陰部に抗真菌性の軟膏を塗るという方法です。
治療を開始して三日ほどで、ひどい痒みの症状は治まるのですが、
症状が治まったからと言って、通院をやめてしまうのではなく、
完全に治すまで病院に通い、医師の指示に従うようにしましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 女性の病気 All Rights Reserved