女性の乳がんと似た症状の病気 〜 女性の病気

main_top_over_navi
main_top

女性の乳がんと似た症状の病気


乳首から分泌物が出たり、しこりが出来たり、乳房がひきつれるなどの、
女性の乳がんに似た症状が出る乳房の病気には、いくつかの種類があります。
乳がんと間違えやすい病気の乳腺症は、乳腺に起こる病気の中で、
もっとも多い発症例があると言われています。

乳腺症の症状というのは、乳房に乳がんのようなしこりを感じますが、
乳がんと違ってしこりに痛みを伴う事が多いようです。
また、乳腺症は生理前にしこりの痛みが強くなるという特徴もあります。

乳腺症という病気は、30?40歳で未婚の女性や授乳経験のない女性に
多くみられていて、エストロゲンが過剰に分泌されるということが原因で
起こるのではないか?と言われています。乳腺症は乳がんとは違って
良性なので、特に治療の必要はなく心配なものではありません。

しかし、乳がんであるか乳腺症であるかどうかを
自分で判断することが難しいため、気になるしこりを見つけた場合には、
病院に行って診察を受けるといいでしょう。

それ以外にも、乳がんに間違えやすい女性の病気には、
若い女性に多い良性の腫瘍の、乳腺線維線腫や乳腺葉状腫瘍などがあります。
乳腺葉状腫瘍は良性の腫瘍ではありますが、中には悪性化するものもありますので、
その場合には患部を切り除く切除手術が行われます。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 女性の病気 All Rights Reserved