乳房の病気について 〜 女性の病気

main_top_over_navi
main_top

乳房の病気について


乳がんは乳房にできる病気です。女性の病気の死亡原因の上位に挙げられています。
ピンクリボンなど、乳がん撲滅のキャンペーンが行われるようになって、
関心を持つ人が増加していますが、検診を受けている人はまだ少ないようです。
乳がんは男性にも発症する病気ですが、圧倒的に女性の患者が多いという
特徴があります。

乳がんは、ホルモンの影響を受けているガンで、女性ホルモンのエストロゲンが
関与していると言われています。その為に初潮が早い、閉経が遅い、妊娠の
経験が少ないという人は、エストロゲンの影響を受けている機関が長く、
乳がんにかかるリスクも高いと考えられています。

乳がんの主な症状というと、痛みのないしこりが乳房に出来るということです。
しこりをそのまま放置して病気が進行していけば、しこりもどんどん大きくなります。
また、乳房にえくぼのようなへこみが出来たり、乳首から出血のような分泌物が
出る、あるいは乳首の高さが左右アンバランスになってくるというのも、
女性の乳がんの特徴的な症状に挙げられています。

乳がんも早期発見、早期治療をすれば完治が可能な病気です。
定期的な健診や、自宅でもできるセルフチェックを行って
予防に心がけましょう。もしもおかしいな、と感じるようなことがあれば、
婦人科や乳腺外科、外科などを受診して相談してください。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 女性の病気 All Rights Reserved