おりもの異常で分る病気 〜 女性の病気

main_top_over_navi
main_top

おりもの異常で分る病気


女性であれば誰でも、おりものについての悩みがあるものです。
おりものがある=病気という訳ではありません。健康な女性でもおりものはあり、
子宮内膜や膣からの分泌物が、雑菌と共に体外に排出されているのです。

おりものとは普段、卵白のような透明なものなのですが、
白血球や細胞などと混ざることによって、淡い黄色になったり、白濁色になったり
することがあります。状態はのり状やクリーム状になります。

おりものは健康な時でもあるのですが、身体に異常が起こっているときには、
その病気の特徴的なおりものが出ることがあります。
おりものの異常を感じたら、婦人科系の病院で早めに診察を受けましょう。
早期発見などにも役立つことがあるかもしれません。

おりものの異常で気がつく病気というがあります。
おりものが強い臭いで、黄緑色の状態が続いているのであれば、
淋病が疑われます。また赤褐色のおりものの場合には、子宮外妊娠が疑われます。
ピンク色になると、びらんやポリープなどの疑いがあります。

多くの女性が経験したことがあるカンジタ膣炎になると、
白いカッテージチーズのようなおりものと、外陰部の強いかゆみが起こります。
この症状は分りやすいので、気付きやすいでしょう。

いつもと違う状態のおりものが続く場合には、
そのうち治るだろうと思わずに、身体に何か異常があったのかもしれないと考え、
放置をしないで婦人科を受診してみることをお勧めします。

異常な織物が続いている場合には、女性特有のガンであることも
考えられますから、油断せずに病院を訪れてみましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 女性の病気 All Rights Reserved