自分で出来るチェック方法 〜 女性の病気

main_top_over_navi
main_top

自分で出来るチェック方法


女性特有の病気を早期発見するために、病気のセルフチェックをする習慣を
身につけるようにしましょう。女性の乳がんのセルフチェック方法は、
月経が終わってから一週間後程度たった、乳房が張っていない時期に行いましょう。

乳がんのセルフチェックは、まず目で見る事です。
鏡の前に立って、乳房にへこみや引きつれなどの異状がないかをじっくり見ます。
次に触ることによって、チェックします。横になって手を上に挙げた状態で、
人差し指、中指、薬指の三本を使い、乳房にしこりが出来ていないかチェックします。

触診の方法は上下に撫でるように動かしたり、乳頭から放射線状に撫でたり、
乳房の中心から渦を描くように動かし、乳房全体を触ってみてチェックします。
もし指先に冷たく硬いしこりが触れた場合には、すぐに専門医の病院を受診しましょう。
乳がんのしこりというのは、他の病気によって出来るしこりと違って、
痛みが無いということが多いようです。

また、女性は卵巣の病気であっても、症状が現れにくい部分であるために、
早期発見できない事が多いのです。卵巣の病気の早期発見をする為に、
定期的にセルフチェックを行いましょう。

ウエストが太くなった、下腹部に圧迫感を感じる、お腹が出てきた、
しこりがあるという場合には、卵巣のう腫が疑われます。
不正出血や無月経、下腹部痛などがある場合には、
腫瘍が出来ている可能性があります。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 女性の病気 All Rights Reserved