月経異常で女性の病気がわかる 〜 女性の病気

main_top_over_navi
main_top

月経異常で女性の病気がわかる


月経というものは、毎月やってくるので、女性達は面倒なものだと
考えていることでしょう。しかし規則的にやってくる月経は、女性にとって
身体が健康であるかどうかを知るバロメーターにもなっているのです。

月経異常がある場合には、女性ホルモンのバランスの乱れが考えられます。
月経の周期が長くなり、90日以上間があいてしまう場合には、
ストレスや無理なダイエットなどの他にも、高プロラクチン血症や結核などの
病気が考えられます。

逆に月経異常で周期が短くなってきた場合には、黄体機能不全や、甲状腺機能障害、
無排卵だということが考えられます。基本的には女性ホルモンのバランスが
乱れているだけの事が多いので、婦人科などでホルモン療法の治療を受ければ、
症状が改善されることが殆どです。

しかし中には重篤な病気が隠れている場合があります。
月経異常をそのままにしておかずに、専門医を受診して、診察をうけることを
お勧めします。月経異常の中で、月経時の出血が急に増加したという場合には
注意が必要で、子宮筋腫や子宮内膜症などという病気の可能性が考えられます。

また、月経異常の状態で長い間過ごしていると、子供ができにくい不妊という
状態になってしまう場合があります。将来子供を望んでいる女性にとっては、
重要な問題ですから、自分の生理周期を知っておくというのは、
とても大切なことだと言えるでしょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 女性の病気 All Rights Reserved