不正出血に関わる病気について 〜 女性の病気

main_top_over_navi
main_top

不正出血に関わる病気について


女性の月経というのは、通常であれば28日周期(正常月経周期は25?38日)だと
言われていますが、月経の期間は3?7日と言われています。
この、毎月の月経時以外に起こる出血のことを、不正出血と言います。

排卵時や着床時に起こる出血のように、問題がない出血もありますが、
中には何か身体の異常によって起こっている出血もありますから、
不正出血が続いている場合には注意が必要になります。

不正出血で疑われる女性特有の病気には、子宮ガンや子宮頚管ポリープ、
卵管炎や子宮内膜症などが考えられます。これらは子宮に病気があるために
起こる器質性子宮出血と呼ばれています。

その他に起こる不正出血は、女性ホルモンのバランスが崩れることで起きる
機能性子宮出血があります。機能性の不正出血の場合には、女性ホルモンのバランスが
整ってくれば治るということが考えられるので、特に貧血などのトラブルがない限り、
治療を行わないで経過を観察するという方法がとられます。

また、クラミジアなどの性感染症にかかっている場合には、
性器不正出血が起こることがあります。いずれにしても不正出血が
続いている場合には、そのうち治るのではないか、という自己判断で放置することなく、
早めに婦人科を受診して、相談してみることをお勧めします。

不正出血を起こしている病気などの原因を探す為に、
子宮鏡検査や超音波エコーなどが行われるでしょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 女性の病気 All Rights Reserved