低血圧症について 〜 女性の病気

main_top_over_navi
main_top

低血圧症について


男性よりも女性のほうが多くなりやすい病気に、低血圧症があります。
低血圧症というのは、体質が弱い若い女性に多く発症する病気です。
低血圧症という病気は、原因となるような病気がない本態性低血圧症と、
原因がはっきりしている心臓や血管の病気や内分泌疾患、ガンなどの
突発性低血圧症があります。

最大血圧が100mgHg以下の場合に低血圧症と診断されますが、
本態性低血圧症で、特に身体に不快な症状が現れていない場合には、
あまり心配する必要はありません。低血圧症のほとんどは、本態性低血圧症あと
言われていて、遺伝的な要素で多くが起こっていると考えらるようです。

また、栄養不足やストレス、不規則な生活や女性ホルモンのアンバランスなどが、
低血圧症を起こす原因とも考えられています。
良質なたんぱく質や豆製品、野菜などのさまざまな食材を、バランス良く摂取
するということが大切だと言われています。

特に低血圧症に効果がある食べ物は、ホタテの貝柱、納豆、いわしの丸干しなどが
挙げられています。体質的な低血圧の治療をする場合には、
薬に頼るなどではなく、バランスの良い食事と規則正しい生活、
適度な運動も取り入れながら、ストレスをためずに日常生活を
送るということが大切です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 女性の病気 All Rights Reserved