更年期に起こる病気について 〜 女性の病気

main_top_over_navi
main_top

更年期に起こる病気について


女性の身体が大きく変化するのは閉経の頃で、
更年期障害と呼ばれる様々な身体の不調が起こってきます。
更年期をむかえると、卵巣機能が低下してホルモンの分泌が著しく減少します。
毎月起こっていた排卵も止まってしまい、生理が起こらなくなって閉経します。
このように更年期の女性は、女性ホルモンの分泌が減少してしまう為に、
かかりやすくなってしまう病気があります。

まずはかかりやすくなる病気で。骨粗しょう症が挙げられます。
骨粗しょう症は骨の中がスカスカになってしまい、少しぶつかった程度でも
骨折しやすくなってしまうという、骨がもろくなる病気です。
これは骨の形成を促している女性ホルモンが減少することで、起こるとされていて、
閉経後の女性は一度骨密度を測ってみるといいでしょう。
骨粗しょう症を防止するのは、ビタミンDやカルシウムをしっかりと摂ることです。

さらに高脂血症という病気も、更年期の女性に発症しやすいと言われています。
血液中の脂質のバランスをとっているのは、女性ホルモンのエストロゲンなのです。
更年期になるとエストロゲンの分泌が低下する為に、脂質のバランスが崩れ、
高脂血症の病気を発症する人が増えるのです。高脂血症は動脈硬化や
脳梗塞など、命にかかわるような病気を引き起こす場合がありますから、
発症しないように食生活や生活習慣を見直すことが、
予防にも繋がっていくのです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 女性の病気 All Rights Reserved