女性に多い病気、甲状腺 〜 女性の病気

main_top_over_navi
main_top

女性に多い病気、甲状腺


甲状腺の機能亢進によって起こるバセドウ病は、女性に多い病気と言われていて、
男性よりも5倍もの確率で女性患者が多いという特徴があります。
バセドウ病という病気は、甲状腺の特異な自己免疫疾患のひとつで、
身体的には頻脈や微熱、多汗や不妊、月経不順などの症状が現れます。

また精神的な症状としては、不眠やイライラ、落ち着きがなくなるといった症状が
現れます。このバセドウ病と聞くと眼球突出という症状を思い浮かべる人も
多いのではないでしょうか。実際には眼球突出が起こるのは、
バセドウ病にかかっている方の約三割程度だと言われています。

バセドウ病という病気にかかると、治らない、子供が望めないというような
間違った認識を持っている方も多いようですが、
正しい治療を受けることで、治療することが可能な病気です。

過剰に分泌されている甲状腺ホルモンの分泌を抑えて、甲状腺の働きを
正常に戻すことで、普通の日常生活を送る事が出来ます。
バセドウ病の治療法は、薬物治療、手術治療、アイソトープ治療の
三種類がありますが、バセドウ病の治療には薬物療法が第一の選択になります。
亢甲状腺薬は妊娠、授乳中の女性でも服用が出来るものなので安心です。

先日、結婚を発表された女性歌手の絢香さんも、この病気にかかっていて、
歌手活動をしばらく停止して、治療に専念するそうです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 女性の病気 All Rights Reserved