膀胱の病気について 〜 女性の病気

main_top_over_navi
main_top

膀胱の病気について


男女ともに起こりうる病気に膀胱炎というものがありますが、
身体の構造上で女性の方がかかりやすいと考えられています。
女性が膀胱炎を起こしやすい原因として挙げらられるのは、男性に比べて
尿道が短いということです。女性の尿道は4?5センチ程度しかない為に、
大腸菌などの細菌が、膀胱内に入り込みやすくなってしまいます。
その為に膀胱炎を発症する確率も高いのです。

通常、身体は外から入ってきた細菌に対して、防御する力を持っているので、
膀胱から細菌が入ってきた場合でも、必ず膀胱炎を起こすという訳ではありません。
しかし、疲労やストレス、冷えなどで身体が弱っている状態になっていると、
防御する力が落ちて膀胱炎を起こしやすくなってしまいます。

また、トイレを長く我慢していて膀胱が伸びきっている状態が続くと、
膀胱炎を起こしやすくなるようです。仕事中にトイレにすぐに行けない状態になり、
尿意を我慢してしまうという場合も多いらしく、膀胱炎という病気を
約二割の女性が経験しているとも言われています。

膀胱の中に細菌が入り込んで炎症を起こした場合、痛みや頻尿といった
膀胱炎の特徴的な症状が現れます。トイレに行ったのに、またすぐ行きたくなってしまう、
排尿の終わりかけに痛みを伴う場合には、膀胱炎にかかっている可能性がありますので、
一度泌尿器科を受診してみるといいでしょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 女性の病気 All Rights Reserved