摂食障害について 〜 女性の病気

main_top_over_navi
main_top

摂食障害について


摂食障害という病気をご存じでしょうか?
この病気は女性に多いと言われていますが、特に若い女性に起こりやすいと
言われています。思春期の女性に発症する確率が高く、男性に比べて
女性の発症は約25倍と圧倒的に高いのです。

摂食障害という病気になってしまう背景として考えられるのは、
複雑な人間関係や、痩せたいという強い願望にあります。
摂取障害という病気では、食べることを拒む拒食症と、沢山食べるのに、
食べた物を全部吐き出してしまうという過食症があります。

拒食症という病気は、肥満になってしまうという事に対し過敏に反応して、
強い恐怖を感じてしまい、食事を摂ることが出来なくなるという症状です。
実際はとても痩せているにもかかわらず、もっと痩せたいという願望を
止める事が出来ないので、さらに痩せていきます。
そしてこの状態を放置してしまえば、命に関わってしまうのです。

反対に過食症になると、食べ物を摂取することを止める事が出来なくなり、
食べても食べても、もっと食べたいという考えに囚われてしまいます。
摂食障害を発症した場合には、痩せたいという強い願望とともに、
異常に活動的になるという特徴もあります。

食べ過ぎることや、食べられないことの他に自傷行為などが起こる場合もあります。
病気にかかっていると本人がなかなか気付けない為、
病気を受け入れるまでに時間がかかるのですが、
周りも方も含め、なにか異常を感じた場合には、思春期外来などの専門の
医療機関に相談してみてほしいと思います。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 女性の病気 All Rights Reserved