痔について 〜 女性の病気

main_top_over_navi
main_top

痔について


人にはなかなか相談できない病気のひとつが、痔です。
痔という病気は、男性に多いイメージを持つ方が多いのではないでしょうか?
実は女性にも、痔で困っている方が意外に多いのです。

女性が痔にかかってしまう原因として考えられるのは、
冷え性や便秘にかかりやすいということや、妊娠や出産をするということです。
中でも下痢や便秘などの排便異常を繰り返すと、特に痔になりやすいと考えられています。

便秘は女性がかかりやすく、排便時にいきんだり硬い便が肛門を通過するときに、
かなりの負担をかけるために肛門が切れて、切れ痔を起こすことになります。
切れ痔という病気は、便をする際に出血したり、強い痛みを感じることになるので、
進行すると耐えがたい痛みを感じる場合もあります。
強い痛みを感じるのが嫌で、排便を我慢してしまい、さらに便秘が悪化する
という悪循環に陥ってしまうこともあるようです。

また、女性は妊娠し出産をします。それを機に痔になってしまうという人も
少なくありません。妊娠中は肛門がうっ血しやすくなっていて、
痔核ができやすい状態にあるのです。さらに大きなお腹になって腸が圧迫される
ことで、便秘にもなりやすくて出産時のいきみも、肛門に負担がかかるために、
痔になるリスクが高いと言えます。

肛門の内部にできてしまう内痔核は、痛みが出ることは少ない痔なのですが、
内痔核から進行して大きくなってしまうと、多量に出血をしたり
肛門から外に出てしまう脱肛という状態が起こりやすくなります。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 女性の病気 All Rights Reserved