乳腺の病気について 〜 女性の病気

main_top_over_navi
main_top

乳腺の病気について


女性の乳腺炎の中で、もっともポピュラーな病気は授乳期乳腺炎という病気です。
授乳期乳腺炎は、乳腺に乳汁が過剰に溜まってしまうことによって起こります。
初産の女性では、授乳を始めて二週間程度経つ頃に起こりやすいと言われていて、
この時期の女性の身体では、乳汁の分泌が活発になったり、
乳児が飲む乳の量と乳汁の分泌のアンバランスさが起こりやすいからだと考えられます。

授乳期乳腺炎は、急性うっ血性乳腺炎とも言われています。
適切な処置を怠ると、細菌感染などを起こしてしまい、化膿性乳腺炎になって
しまうこともあります。授乳期の乳腺炎の症状は、乳房が大きく腫れあがり、
疼痛、乳房の筋満感や乳汁の漏出、乳房の静脈拡張などが挙げられます。

乳腺炎の炎症がひどくなってくると、発熱などの症状も現れます。
乳房に膿瘍などが出来てしまった場合には、切開をして排膿する処置を
とらなければなりません。乳腺炎の治療は溜まってしまった乳汁の搾乳が
行われています。そしてなにより腫れあがった乳房を冷やすということが大切です。

赤ちゃんがしっかりとお乳を飲めるようになれば、解消されることが多いのですが、
飲む量と作る量のバランスが解消されない場合は、炎症がひどくなる可能性があります。
その場合は乳房を冷やして乳汁の分泌を抑えることや、薬を使って乳汁の分泌を
止めるという処置をします。

授乳期には女性の乳房トラブルが起こりやすくなっているので、
違和感などを感じたり、病気ではないか?と疑いを持つようであれば、
出産をした産婦人科などで相談してみることが大切です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 女性の病気 All Rights Reserved