骨粗しょう症について 〜 女性の病気

main_top_over_navi
main_top

骨粗しょう症について


男女の比較をしてみると、骨粗しょう症は女性の方が発症しやすいと言われています。
特に閉経後の女性に多く見られるようです。女性の骨粗しょう症は閉経後に
女性ホルモンが急激に減少することによって発症します。

また、若い女性が行う無理なダイエットも、骨粗しょう症を引き起こす原因と
言われています。女性は17歳程度までに最も骨量を増やす事が出来ます。
この時期に偏ったダイエットなどをすると、しっかりとした骨が作れずに、
年をとってから骨粗しょう症が起こってしまうのです。

その他にも、女性が骨粗しょう症になりやすいという理由としては、
妊娠・出産があることが挙げられます。妊娠期には女性ホルモンの分泌が
盛んになるので、身体はカルシウムを吸収しやすい状態になることが知られていますが、
胎児も身体を形成する時期にあたるので、母親の身体から大量のカルシウムを
奪ってしまいます。さらに出産後には女性ホルモンが減少しますから、
カルシウムの吸収率が落ちることに加え、母乳を通して乳児にカルシウムを
取られますから、より骨量の低下を起こすことになるのです。

このように、女性の一生の間には、骨粗しょう症という病気を起こしやすい時期が、
何回か訪れますから、すべての時期を通してカルシウムを積極的に
摂取する必要があります。骨粗しょう症を防ぐためには、
カルシウムを摂取すると同時に、適度な運動などを行うことが大切です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 女性の病気 All Rights Reserved