鉄欠乏性貧血について 〜 女性の病気

main_top_over_navi
main_top

鉄欠乏性貧血について


鉄欠乏性貧血は、女性のほうが男性に比べて起こりやすいと言われています。
貧血も色々な種類があるのですが、もっともよくみられている病気で、
特別な存在ではありません。

女性は毎月定期的に、出血が起こる月経というものがあるので、
男性よりも鉄を失いやすい状態だと言えます。通常であれば身体の中に蓄えられた
鉄分で補う事が出来るのですが、鉄分の不足が続いてしまうと、
鉄付欠乏性貧血を起こしてしまいます。

鉄分を食事から摂取することが出来ないと、鉄欠乏性貧血を起こしやすくなります。
近頃は偏った食事や無理なダイエットなどを続けているという女性が多く、
鉄欠乏性貧血が治りにくくなっているという現状もあります。
鉄欠乏性貧血という病気は、特別珍しいという病気ではなく、
女性で月経時に起きる軽いものであれば、すぐに治療が必要ではないくらいのようです。

しかし常に鉄分が不足している状態が続いていて、
身体がだるい、肌が青白い、息切れ、動悸、集中力の低下などの
さまざまな身体の変調が現れている場合には、放置をせずにすぐに病院に行って
診察を受けることが大切です。

また、鉄欠乏性貧血という病気は急激に進行するのではありません。
徐々に進むタイプの病気ですから、身体の方が貧血の状態に慣れてしまうこともあり、
気付くのが遅れるということがよくあるようです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 女性の病気 All Rights Reserved