女性特有の病気、不妊症 〜 女性の病気

main_top_over_navi
main_top

女性特有の病気、不妊症


子供が欲しいと夫婦生活をしているのにも関わらず、2年以上妊娠が出来ないという
状態であることを不妊症と言います。この不妊という病気で多くの女性が
悩んでいます。男性側に原因がある場合には、男性不妊症、女性側に原因が
ある場合には、女性不妊症と呼んでいます。

女性不妊症の原因として考えられているのは、性器異常、着床障害、
排卵障害、卵管障害、腫瘍、炎症などの病気です。
不妊症を治療するには、何が原因で不妊になっているのかを調べますが、
そのためにまずは基礎体温を測ります。正常な基礎体温は高温層と低温層の
二層に分かれています。

しかし、黄体機能不全や排卵障害など女性ホルモンがアンバランスなために起こる
病気がある場合には、基礎体温がきれいな二層にはなりません。
基礎体温表のグラフの形によって、どこにトラブルがあるかを調べるヒントを
得ることが出来ます。

また、不妊症の原因を調べる方法には、卵管造影というものがあります。
これは排卵された卵子が通る卵管が、詰まっていないかどうか、
癒着していないかどうかを調べる方法で、卵管の詰まりが不妊症の原因と
なっている場合には、通水や通気という処置が施されます。

不妊症には「2年以上子供が出来ない状態」という定義こそありますが、
2年未満であっても、子供が早く欲しいと望んでいる場合は、
まず婦人科を受診してみるといいでしょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 女性の病気 All Rights Reserved