月経前に起こるPMS 〜 女性の病気

main_top_over_navi
main_top

月経前に起こるPMS


月経前になると、イライラしたり頭痛がしたりという不快感をもっている
女性が多いようです。これはホルモンのバランスの変化によって起こる
PMS(月経前症候群)という病気なのです。

PMSは排卵の頃から月経開始までの期間に起こる不快症状のことで、
現れる症状や重さなどは、人それぞれなのですが、排卵のある女性のほとんどが、
何かしらの症状を感じていると言われています。

PMSの病気でよく現れる症状というのは、頭が痛い、憂鬱になってしまう、
怒りっぽくなる、イライラしてしまう等が挙げられます。
また、下腹部痛や胸の張り、肌荒れやニキビ、下痢や便秘になりやすいといった
身体的な不調も現れるようなのです。

不快な症状を起こすPMSという病気は、女性ホルモンのプロゲステロンが
大きく関係していると言われています。そのためにPMSの治療にはプロゲステロンが
分泌されないように経口避妊薬(低用量ピル)を使用します。

低用量ピルを飲むことに抵抗感を持つ女性もいるでしょうが、
低用量ピルというのは、月経不順や子宮内膜症、月経過多などの病気を
治療する際にも広く用いられているのです。
ストレスを感じやすい方、生活習慣が乱れがちな方、冷え性の方などには
PMSが起こりやすいと言われていますから、ストレスを溜めないような生活を
心がけ、身体を冷やさないようにして、生活習慣を見直す事で、
症状が緩和されることもあるようです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 女性の病気 All Rights Reserved